若白髪なら染める方法を確認【自分にあう商品を見つける】

若い方の白髪に関して

白髪の原因を知る

ウーマン

年齢の若い方、特に10代から20代の方で、若白髪に悩まれている方も多いのではないでしょうか。
若白髪と白髪は生えてくる時期が違うのみで、生えるメカニズムは同じです。
それではまず若白髪の原因について探っていきます。
若白髪の原因で真っ先に考えられるのは、遺伝です。
それは、白髪自体が遺伝するのではなく、体質が関係しているという研究報告が有力となっています。
どのような体質かといいますと、メラノサイトという毛根にある細胞が、メラニン色素を作り出す際に必要なチロシナーゼ酵素を上手く作り出せない、という体質です。
次に考えられるのが、生活習慣の乱れです。
例えば、十分に栄養が足りてない、ストレスによる血行不良、飲酒や喫煙の習慣化等が挙げられます。
このような若白髪ですが、対処法もいくつかあります。
染めるということも一つです。
次に髪を染めることに関して述べていきます。
髪を染めることをカラーリングといいますが、ヘアカラーリング剤にもいくつかあります。
脱毛剤といわれるブリーチや永久染毛剤といわれるヘアカラー、半永久染毛剤といわれるヘアマニキュア、一時染毛剤といわれるヘアマスカラ等様々あり、他にも種類があります。
その中でもヘアカラーがおすすめの商品の一つです。
ヘアカラーはドラッグストア等で買えますし、特に10代の方なら黒髪に染めるタイプを選ばれると良いかと考えます。
成分としては海草類、植物エキスが含まれている商品を選んで頂きたいです。
カラーリングによるダメージが少なく済むからです。
若白髪でお悩みの方は、一度ヘアカラーを試してみて下さい。

様々なタイプの毛染め

女の人

白髪というと中年期以降の人にできるというイメージがありますが、20代などの若い世代ですでに白髪が目立ってきているという人も少なくありません。
若白髪はまだ数本程度であれば、その部分だけをカットすれば目立たなくすることができますが、かなり目立ってきた場合は染めることも考えてみましょう。
若白髪を染める方法としては、まずは美容室で染めるという方法があります。
この場合は良質な薬剤を使い、丁寧にムラなく染めてもらえるのがメリットですが、その分費用も高くなりますし、時間もかかります。
より手軽に若白髪を染めるのであれば、市販の毛染めを利用することもおすすめです。
市販の毛染めはクリームタイプ、ムースタイプ、泡タイプ、マニキュアタイプなどがありますので、それぞれが使いやすいタイプを選んでいきましょう。
肌や髪を傷めてしまう可能性もありますので、できるだけ質の良い薬剤を使うこと、正しい使い方を心掛けましょう。
より気軽に染めるのであれば毛染め効果のあるシャンプーやトリートメントを使うという方法もあります。
毎日の洗髪やトリートメント感覚で利用できるので準備も簡単ですし、髪にも肌にもやさしい商品が多くなっています。
安全性が高く、刺激が少ないのが良いですが、一度でしっかり染まるのではありませんので、理想の色になるまで根気よく続けていく必要があります。
急いで若白髪を目立たなくするのであればスプレータイプやマスカラタイプなど、一時的に色を付けることができる商品も便利です。

悩みから卒業できる

ウーマン

今、10代から20代の若者の間で若白髪で悩む人が大変増えています。
白髪は年をとってから生えるものだと考えていて、大きなショックを受ける人も多いようですが、若白髪は珍しいことではありません。
そもそも生まれたての髪は色素がなく白い色をしていて、そこに髪の成長過程でメラニン色素が混じることで、黒い髪の毛になります。
つまり白髪は必要なメラニン色素が不足したり、欠如した状態でおきるのです。
このメラニン色素の不足や欠如の原因として、色素を生み出す酵素の働きの、加齢による減少が挙げられます。
また加齢以外にも、偏った食生活や栄養不足更に、不規則な生活習慣や睡眠不足また大きなストレスもあげることができます。
生活習慣の乱れや精神的アンバランスは、自律神経の働きを乱し、新陳代謝を低下させたり血行を悪くさせて、白髪の原因になるのです。
また若白髪は、遺伝の影響も大きいと言われています。
そのため、若白髪で悩んでいたら生活習慣や食生活に気を配りつつ、長期的に白髪になりやすい体質を改めながら、短期的対策として白髪染めなどで染めることをおすすめします。
若いのに白髪染めなんてと抵抗感を持つ人も多いようですが、染めることで心が前向きになり、心の重荷がスッと消えて、ストレスから解放されることさえあります。
今は自宅でも簡単に染めることができ、また頭皮や顔などへの皮膚更に髪への刺激も少なく、安全で安心なタイプの白髪染めもあります。
これらは毎日の生活の中で負担なく簡単に染めることができることから、若白髪を知られることなく小まめにケアできるので、大変人気を呼んでいます。
若白髪を多角度から対策を練って卒業しましょう。

痩せたいからこれを飲む

漢方

高麗人参サプリには新陳代謝を高める効果があり、ダイエットに活用することもできます。高麗人参にはサポニンという物質が含まれていますが、このサポニンが脂肪の燃焼をサポートしてくれます。運動と高麗人参サプリを併用すれば、痩せにくい体質でも有効な結果が期待できます。

もっと読む

メイク前にも使える美顔器

レディ

RFボーテ フェイスエクストラは、イオン導入からEMSまで1台で多くの機能を兼ね備えた美顔器です。肌悩みに合わせて機能を組み合わせて使うことで高い効果が期待できます。使用するのは夜のスキンケアだけでなく、朝のメイク前もOK。メイクのノリもぐんと違ってきます。

もっと読む

日常的に肌と向き合う

婦人

顔にシミができてしまうと、老けた印象や清潔感がないといった印象を周囲に与えてしまいます。紫外線が色素沈着を起こすことで発生するシミは、できる前に発生することが大切です。美白成分や保湿成分の含まれた化粧品を使って対策しましょう。

もっと読む